ハイボールをガッツリ飲む冬の夜

「クリエイター」は好きかな?嫌いかな?さまざまあるかもしれないけど、そんなに悪いものではない気がする、「ハンバーグ」は。そう思ったりしない?

ホーム

勢いで体操する母さんと気の抜けたコーラ

ツアーでも業務でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、女性だったら化粧品やネイル用品など興味がある人も多数だろう。
この国では見た目、つまり自分磨きへの熱は素晴らしいといわれる。
面接や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断する傾向が多いとか。
そんな傾向から、韓国製のスキンケアは、美容成分が日本製より多く含まれている。
という事から、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してしまう。

悲しそうに自転車をこぐ姉妹と冷たい雨
私は肌があまり丈夫でなく、ちょっとしたことでトラブルが起きる。
そして、ボディーシャンプーの素肌に残る使用感があまり好きじゃない。
だけど、真冬は思いっきり乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないケア用品を愛用する。
この製品の残念なところは、料金が凄く高く、なかなか買えないところ。

湿気の多い平日の午前は昔を懐かしむ

性能の良いカメラも、全く持って好きだけれど、それとは違って例外的と言うくらいお気に入りなのがトイカメラだ。
3000円あればちっちゃいトイカメラが簡単に得られるし、SDがあればパソコンでもすぐに再生できる。
リアリティーや、瞬間をシャッターに収めたいなら、充実した性能のカメラが似合うと思う。
けれども、漂う風情や季節らしさを撮影するときには、トイカメには他のどれにもかなわないと感じる。

自信を持ってお喋りする友達と電子レンジ
学生のときから興味はあっても行ったことはないのだけれど、日が暮れての動物園は、夜行性の動物がめちゃめちゃ活発に動いていて眺めていて満足できるらしい。
知ってはいても、夜の暗さの中での動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少し動物をこわがらないようになったら行ってみようと思う。
もうちょっとわかるようになったら、きっと、娘も笑ってくれるだろうから。
通常の動物園と違う気配を自分も妻も必ず楽しめると思うので経験してみたい。

熱中して体操する彼と霧

娘がマルモダンスにはまっている。
私と妻は教えていないけれど、3歳なのに頑張って踊っている。
映像の中でマルモのおきての音楽が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
映像を見せると止まることなくずっと休むことなく見続けている。
親としては、テレビの映像を見ているよりは絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりしているほうがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私たちの為だ。

寒い仏滅の昼に熱燗を
煙草は体調に害がある。
など、知っていても吸ってしまうという。
社会人になりたての頃、仕事の関係で出会ったコンサルタント会社の重役のおじいさん。
「この体が元気なのは、煙草とアルコールの力です」なんて明るく言っていた。
ここまで聞かされると無理な禁煙は無しでもいいのかもな〜と感じる。

一生懸命走る子供と冷たい肉まん

人によって、嗜好や好みがあると思っているけれど、どんなものか聞くのが好き。
仲の良い子に質問してみたところ、お金、パステルカラーのランジェリー恋人のことが好きとの事。
その上、男の人の血管の出た腕。
最後に、ドイツ語のひびき。
私にはピントこない。
リンゴ飴、シャツを身につけないで厚手のニット、軽い香水、声の高い男性が好きだと、話してみた。
同じく理解不能だとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野だという。

月が見える月曜の深夜はひっそりと
いつも、なるべく大人しめのコーディネイトで出歩く私は、もちろんビックリされるけど。
コルセットや鞄や時計まで揃い、統一して身につけたいと考えれば破産しそうだ。
それでも、ジル・スチュアートは夢中になってしまう何かがある。

前のめりで自転車をこぐ父さんとアスファルトの匂い

明日香は、大学で一番に親しくなった仲間だ。
彼女の魅力的なところは、受け入れの幅が広くて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私の方から、仲良くなりたいと話かけたそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒に出掛けると、問題は単純化されるので、凄く安心する。
シャープな印象で華奢なのに、夜、おなかがすいてファミレスでステーキを食べに行ったりするという。

ひんやりした大安の夕暮れは微笑んで
さやかちゃんは見た目はおっとりしているように見えるけれど、かなりアクティブな女友達。
旦那と、1歳の賢治くんと、3人暮らしで、ドーナッツ屋さんの隣のアパートに住んでいる。
仕事も育児も手際よくこなして、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手。
ちょっとでも時間があれば、今日会える?など必ず連絡を入れてくれる。
私は頻繁にミスドを買って、彼女の住まいにおじゃまする。

サイトメニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2015 ハイボールをガッツリ飲む冬の夜 All rights reserved.